「高血圧」の記事一覧

血圧を下げる

血圧を下げるには主に3つの治療(薬物療法、食事療法、運動療法)が取られています。あなたの血圧の現状により血圧を下げる治療法が決まります。160/100以上なら3つすべてが指示されますが、それ以外の方は薬物療法は行わず食事療法と運動療法で様子を見る事が多いです。

血圧の上が高い

血圧の上が高いという方は、60代の方から高齢者を中心によく見られる特長です。これは60代に入ると下の血圧は下がり始め、血圧の上が高いままという傾向が強く出てくるからです。実際高齢者になると、下の血圧は正常値で血圧の上が高いという方が多くなります。

血圧の下が高い

血圧の下が高い方は、お若い方に見られることが多いです。20代から50代の忙しい働き盛りの男性や子育てや家事に忙しい女性に血圧の下が高い傾向が出ます。「忙しい」・・・というのが血圧の下が高いキーワードとなりますが、忙しいことによる睡眠不足も血圧の下が高い原因となっています。

血圧の正常値 一覧表

血圧の正常値を一覧表にしました。 血圧の正常値は、日本高血圧学会が定める「高血圧治療ガイドライン2009」で定義されたものです。 至適血圧は120/80未満、正常血圧は130/85未満です。上の血圧が130以上もしくは下の血圧が85以上のどちらか・・・

血圧の平均値

血圧の平均値には、「一定期間の血圧平均値」や「血圧の年代別の平均値」、「平均血圧」などの指標があります。どの血圧の平均値もこれから血圧の改善生活を行う上で、知っておくべき項目ですので、それぞれの血圧の平均値の意味を把握しておきましょう。

血圧の正常値 年齢別

血圧の年齢別の正常値を把握しておく事は、血圧を下げる当面の目標となるため大変重要です。90年代までは、血圧の年齢別正常値を「自分の年齢+90」として判断していた事もありました。55歳なら55+90=145となります。

脈拍の正常値

血圧の脈拍の正常値を一覧表にいたしました。幼児の脈拍の正常値は110~140回、小児・小学生70~110回、中高生や一般成人60~100回、高齢者の脈拍の正常値は60~80回とされています。脈拍は一般的に女性の方が男性よりやや多く・・・

血圧の標準値

血圧の標準値 を2種類一覧表にいたしました。日本高血圧学会が定めた血圧の標準値は、130/85mmHg未満ですが、それと合わせて年齢別の血圧の標準値も一緒にご確認下さい。年齢別の血圧の標準値は、各年代別に統計をとった平均値となります。

降圧剤と副作用一覧表

降圧剤と副作用を一覧表にしました。あなたの服用中の降圧剤を一覧表の中から見つけて、その降圧剤の副作用や注意事項を今一度確認して下さい。降圧剤は血圧を下げる効果は抜群ですが、血圧を根本から治すものではありません。

血圧計の価格

血圧計の価格と種類などについてです。血圧計の価格は、3,000円というお手頃価格の物から30,000円ほどする高価な価格の血圧計まで幅広く用意されています。価格に差があるのは、血圧計の種類やその機能などに違いがあるからです。

血圧を下げるお茶

血圧を下げるお茶は、上の血圧で15前後・下の血圧で8ほど下げる効果が認められた特定保険食品のお茶もあります。血圧を下げるのに行き詰った方は、血圧を下げるお茶を取り入れると良いでしょう。血圧を下げるお茶を一覧表にしてみました。

血圧を下げるマッサージ

マッサージは明らかに血圧を下げる効果があります。血圧を下げるマッサージは、動脈を中心に揉みほぐす事により効果が認められます。つまり動脈を良くマッサージすると、血管が広がり血圧を下げるという理論です。血圧を下げるマッサージの方法ですが、指~腕~足~頭を・・・

血圧を下げる食品 一覧表

血圧を下げる成分である、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、タウリンを豊富に含くむ食品を、日々の食事に取り入れる事が大切です。血圧を下げる食品の効果で、血圧が10%以上下がると言われていますので、今回の血圧を下げる食品を是非覚えておいて下さい。

血圧を下げる「ふくらはぎ」

ふくらはぎマッサージのやり方。ふくらはぎを揉む箇所は4か所です。① ふくらはぎと足の骨の付け根(内外両方)を下から膝に向けて押します。② ふくらはぎ中央をアキレス腱からひざ裏にかけて押します。③ アキレス腱も良くほぐします。④ 膝の裏やや下を揉みます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ