血圧の下が高い

血圧の下が高い方は、お若い方に見られることが多いです。20代から50代の忙しい働き盛りの男性や子育てや家事に忙しい女性に血圧の下が高い傾向が出ます。「忙しい」・・・というのが血圧の下が高いキーワードとなりますが、忙しいことによる睡眠不足も血圧の下が高い原因となっています。

 

スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「忙しくしない」・・・というのは現実的に無理だとは思いますが、血圧の下が高いのをそのまま放置すると心筋梗塞などの危険が高く死に至るケースも出てきます。まずは健康を考え、血圧の下が高い状態を無くしていきましょう。

 

血圧の下が高いのを克服するには、ゆとりのある生活を送る事、睡眠時間を十分に確保する事、ストレスを発散する事、食事における塩分量を減らす事、肥満を防止する事などが大切となります。

 

睡眠時間は6時間以上、ストレスを受けたら気分転換を行う、自宅で食事を作るときは塩分1/2の調味料(やさしおと減塩醤油など)を使うようにしましょう。もし肥満気味の方は、BMI25%未満を目指してダイエットすることが必要になります。

 

血圧の下が高い方は、上記の生活習慣を2~3か月正してみて、血圧の下が高い状況が変化するか確認してみて下さい。もしも血圧の下が高い状況が変わらないようなら、血圧の程度にもよりますが、医療機関を受診するべきでしょう。

 

それは血圧の下が高い原因が、他の病気から発症してる場合もあるからです。例えば腎臓病や糖尿病、副腎腫瘍などから血圧が高くなることもあります。

 

いずれにしても血圧の下が高いという状態は、心臓から血管に血液を送り出してない静かな状態であるべき所が、血管の内側が強い圧力を受けた異常な状態です。血圧の下が高いのも動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中の原因となりますので、一日も早い血圧対策が必要です。




スポンサーリンク






サブコンテンツ

スポンサーリンク

SNS

  • このページの先頭へ