血圧の正常値 年齢別

血圧の年齢別の正常値を把握しておく事は、血圧を下げる当面の目標となるため大変重要です。高血圧治療ガイドラインにより血圧の正常値は130/85mmHg未満と決められておりますが、年齢と共に血圧は上がりますので下にある年齢別の血圧正常値を目標に血圧を下げる努力をしていきましょう。

 

 血圧 正常値 年齢別 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代
           女性 116/72 124/79 135/83 143/82 147/81
           男性 125/71 132/85 139/85 143/82 146/80

 

皆さんの年齢別の血圧の正常値は確認出来ましたか?90年代までは、血圧の年齢別正常値を「自分の年齢+90」として判断していた事もありました。55歳なら55+90=145が正常値となります。しかし現在はどの年齢別においても血圧の正常値は130/85未満です。

 

上記の血圧の年齢別正常値を見ても、年齢別の血圧は上昇しています。高齢者にとって130/85という数字は難しいことから、60代140/90、70代150/90、80代160/90という数字を年齢別の目標値として掲げています。

 

血圧を年齢別に見た場合の注意点もまとめます。

 

年齢別:20歳代~50歳代・・・年齢別に見るとお若い方に多いのが、血圧の下が高い方です。時間に追われた忙しい日々を送ってる方に見受けられます。忙しさからくるストレスや睡眠時間の不足から血圧が高くなります。

ゆとりのある生活とよく寝れる環境作りが血圧を下げるポイントとなります。

 

年齢別:60歳代~ ・・・60代に入るとお若い方とは対照的に、下の血圧は下がり始めます。しかし上の血圧は上昇し続けますので、下の血圧は正常値で血圧の上が高いという方が増えてきます。収縮期高血圧と呼ばれていて、動脈硬化が進んでるサインとされています。

 

血圧を正常値まで下げるには、年齢別の血圧の正常値を目標に食事療法や運動療法を始めるのが近道だと思います。




スポンサーリンク






サブコンテンツ

このページの先頭へ