脈拍の正常値

血圧の脈拍の正常値を一覧表にいたしました。幼児の脈拍の正常値は110~140回、小児・小学生70~110回、中高生や一般成人60~100回、高齢者の脈拍の正常値は60~80回とされています。

 

脈拍は一般的に女性の方が男性よりやや多く、女性で70~100回、男性で60~90回が正常値だとされています。

 

血圧の脈拍の正常値は、年齢別にいくつが脈拍の正常値だとは定められてはいませんので、下の脈拍の正常値の一覧表を参考に判断して下さい。 

 

 血圧 脈拍 正常値  脈拍正常回数
 高齢者の脈拍  60~80
 一般成人の脈拍  60~100
 中高校生の脈拍  60~100
 小児・小学生の脈拍  70~110
 幼児の脈拍  110~140

 

また中高生以上の一般成人の方で、脈拍が100回以上の場合は頻脈、60回未満の脈拍を除脈と呼び不整脈に入ります。ただし運動して間もないと脈拍は増えますし、夕方から就寝前にかけては脈拍は減少しますので多少の脈拍の多い少ないは気にする必要はありません。

 

もし気になるようでしたら、何度か脈拍を測定してみて正常かどうか判断しましょう。何度か脈拍測定をした結果、頻脈・除脈が見られる場合には医療機関を受診して原因解明の必要があります。脈拍は心臓だけでなく、体全体が正常かを示めす事も多いので、血圧を測定する時は必ず一緒に脈拍も正常値かどうか確認するようにしましょう。

 

幸いなことに、今の血圧計は上下の血圧だけでなく脈拍も正常値かどうか判定出来るようになっています。信頼のおけるメーカーであるオムロン血圧計は、脈拍も測定してくれて3,000円台からとお手頃な価格で提供してくれてますのでお勧めいたします。

オムロン血圧計のご紹介




スポンサーリンク






サブコンテンツ

このページの先頭へ